投稿からの事例 挿入中心のセックスから転換し、より深い快感を得られるように

投稿者:60代男性
60代の男性から経験談が送られてきましたのでご紹介します。

相談内容

妻が子宮のがんで、子宮と両方の卵巣を切除しました。さらに腟も半分ほどに短くなりました。セックスで「挿入が怖い」と訴える妻、この気持ちを汲んで、挿入はしないでも気持ちよくなれる方法を二人で考えたのです。 お互いに全身のマッサージをやり合ったり、オーラルセックスを試してみたりする中で、これまでの挿入が中心だったセックスでは味わえなかった、より深い快感を得られるようになりました。

編集部から

投稿者さんの愛情が伝わる経験談をシェアさせていただきました。

手術で子宮や卵巣を摘出しさらに腟も短くなると、とにかくセックスが怖いと感じるものです。そんななかパートナーが挿入しなくても気持ちよくなれる方法を考えようとしてくれたことは、術後の女性にとってとても心強く、安心できることだったと思います。結果的に、挿入中心のセックスでは味わえなかったより深い快感にたどり着いたとのこと、拝見していてとても嬉しくなりました。

婦人科手術後の性交痛とその対応については、ふあんふりーのこちらの記事で詳しく紹介しています。

また、経験談やサイトへの感想の投稿はこちらのフォームにて受け付けております。

PAGE TOP