50代の性交痛、セカンドバージンの痛みと出血のお悩みの原因と対処法

みなさんから投稿してもらったお悩みに答える大好評の人気シリーズ第7弾、「お悩みに答えます!Vol.7」。シリーズサブタイトルを「血が出るシリーズ」と題してその1をお送ります。

皆さんの痛みと症状が似ていれば、回答を参考にしてみてください。また、一度も婦人科で検査を受けてない方は、何よりもまず受診してみて下さい。

今回寄せられたご相談は、「ブランクが空いたセックスで痛い経験をしました、萎縮性腟炎かも。」というお悩み。FuanFreeの医療総監修であり、産婦人科医、セックス・セラピストの早乙女智子さんに聞きました。

回答者の紹介

相談「20年振りに性交渉で激痛と出血、萎縮性腟炎ですか?(50代・女性)」

相談者さん

先日20年振りに性交渉を持ちました。前戯で濡れていたらしく、挿入しようとしたら入らず、先を入れられただけで痛かったのですが、無理矢理押し込んだ所激痛が走り薄く出血し、3日程腟と外陰部がトイレにいく度に痛く、悩んでいます。次も痛いのか、20年振りだからなのか、濡れていても萎縮性腟炎なのか。クリニックへ行く必要はありますか?

(50代・女性)

お答え

性行為をしない期間が長期だったからなのか、萎縮性腟炎だからか

早乙女先生

まず投稿者さんからの質問を整理してみましょう。
 ・20年という長いブランクが空いてからの性交渉
 ・挿入しようとしたら痛かった
 ・無理に挿入したら激痛、出血
 ・その後3日間腟、外陰部がトイレのたびに痛む
 ・年齢から、女性ホルモン(エストロゲン)レベルが下がり腟壁が弱くなっていることも考えられる
 これらを総合すると、萎縮性腟炎の所見と合致する点が多いです。

濡れていても、萎縮性腟炎の可能性があるのか

早乙女先生

萎縮性腟炎でも性的刺激があれば濡れますが、腟壁が弱いので刺激によって細かい傷ができやすいです。

3つの対処法

このままにしておくと、次も痛いので、対処法として婦人科で女性ホルモンを使った治療、ダイレーターで徐々に慣らす、セルフプレジャーの3つの選択肢があります。

婦人科で女性ホルモンを使った治療

早乙女先生

婦人科で女性ホルモン(エストロゲン)の腟剤や貼り薬をもらい一旦萎縮性腟炎を治療して落ち着かせる方法です。私の治療では、エストロゲンの腟剤(エストリール腟錠など)をつかうときは、性行為の3日前から使うようにお伝えしています。痛くなってからホルモン剤を使用してもすぐには効かないので、3日くらい前からエストロゲンの腟剤で腟壁を潤わせることをお勧めしているのです。
患者さんから「先生、いつセックスをするのか、なんて予測できないです」なんて言われます。確かに難しいですよね。でも、セックスをする当日にお薬を使っても効果は得にくいのです。

ダイレーターで徐々に慣らす

早乙女先生

潤滑剤/潤滑ゼリーを使ってダイレーターでパートナーと徐々に慣らしていきます。

セルフプレジャー

早乙女先生

自分ひとりでもダイレーターの挿入を試みる。

10年以上ぶりの性生活再開の注意点

子育て中はセックスレスで、10年以上ぶりに性生活再開という方もいらっしゃると思います。セカンドバージンも、バージンです。初体験と同じと考えてもらっていいと思います。過去に性経験があるからといって、無理やりすると痛い思いをするのはよくあることです。
痛いのはいやですよね。たいてい初体験は慎重にゆっくり進めます。心やからだの不安を減らすためにも、最初はトレーニングやセルフプレジャーから慣らすことも検討してみてください。
お子さんが生まれてお互いの関係性も変わっているかもしれません。お互いの心と身体を新たな気持ちで確かめ合い愛し合いましょう。男性は前と違う、と思うかもしれませんが、出産という大仕事を生き延びた母となった女体の奥深さを探ってみましょう。女性も引け目を感じることはありません。何もなかったようにはいかないものです。

萎縮性腟炎による性交痛対策のまとめ

早乙女先生からの3つの対処法
・婦人科で萎縮性腟炎の治療をする
・ダイレーターで徐々に慣らしていく
 →「ダイレーターセルフトレーニング特集」をご参考ください
・自分でオーガズムを得られるようになるまでセルフプレジャーにトライする
 →「挿入しなくてもいい、セックス ~グッズ活用編~」セルフプレジャーについても言及されている記事です

FaunFreeから追加アドバイス
・よく滑るタイプの潤滑ゼリーを選択してみる「潤滑剤の選び方
・萎縮性腟炎に関するメカニズムについて「女性ホルモンと性器の潤い

滑りがよいハイブリッドタイプの潤滑剤

アイディシルク

シリコンダイレーターWR

シリコンダイレーターWR

今回は「20年ぶりのセックスで激痛と出血」というご相談を早乙女智子先生に回答してもらいました。セックスや出産を経験された方でも、長期間セックスから離れている場合は、慣らし期間が必要なのですね。いきなり本番で痛みや出血がおきたらメンタルにも影響を及ぼすかもしれません。自分の心とからだを守るためにも、パートナーの協力を得て、準備期間を持つという新たな認識が広まるといいな、と思いました。

相談を寄せていただいた方や似た症状に悩む方の参考になれば嬉しいです。
お悩みの相談はこちらからどうぞ。

ご注意点

医師および各専門家による情報提供は、診断行為や治療ではなく、正確性や安全性を保証するものでもありません。適切な診断・治療を求める場合は、医療機関等を受診してください。本サイトの情報や利用に際して発生した損害について、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。

ABOUT US
ふあんふりー編集部
ふあんふりー編集部FuanFree
WHOなどの国際機関が定める「性の健康」の概念に着目し、私たちの編集部は「痛みのない、喜びのある性生活のためにー」をモットーに掲げています。総医療監修の医師をはじめ各方面の専門家との協力を通じて、性交痛に関する信頼性の高い情報を提供しています。私たちは性の健康に対する理解を深め、読者が充実した性生活を享受できるよう、包括的で専門的なコンテンツをお届けしています。