浅く挿入できる体位

性交痛の回避策として試せる体位

セックスの際の痛みを少しでも回避できる工夫の中で、気軽に試せるのは“体位”です。痛みがあると、セックスの時の体位は正常位のみで固まりがち。けれども、ふあんふりーの体位担当であり、本業では5,000組のカップルにカウンセリングやセックスの指導を行う体位の専門家・OliviAさんは「パートナーと一緒に痛くない体位を見つけられたときの達成感は大きいですよ」と話します。

下記に詳しく教えてもらいました。
まずは婦人科で痛みを診察してもらい、性交しても問題がないか確認したうえで自分のペースで「これなら出来そう」というものを選んで、トライしてみてくださいね。

対象の人
  • 奥の方に痛みを感じる、下っ腹がズキンズキンくる
  • 手術などによる腟の短縮化で奥に触れるのが心配
  • パートナーのペニスが長すぎる悩み

ストッパー正常位

ストッパー正常位
OliviA

正常位だけど、相手の腰に手をあてるだけで、深さが調整できる

パートナーに「奥が痛いから浅くして」と言葉で伝えても、「どこまで入れると深くて痛いのか」「どれくらいなら痛くないのか」、いまいちピンとこないこともあります。
そういう時は、相手の腰骨に両手のてのひらをあてがい、性交中に「ここまでなら痛くない」「ここまで入ると痛くなっちゃう」と言葉で明確に伝え、体で覚えてもらうのが得策。自転車のギアチェンジのように、「浅」「中」「深」とその日のコンディションに合わせて深さを調整してみてくださいね。

たすきがけ(脚絡み正常位)

たすきがけ(脚絡み正常位)
OliviA

痛いからストップ、動かないでそのまま、意思表示に使える体位

別名「大好きホールド」「だいしゅきホールド」「大好きロック」とも呼ばれる体位。
正常位で覆いかぶさるパートナーの腰に女性の両手両脚を絡めます。
古くは、春画にも描かれている体位です。
「大好き」と名付けられているのは、結合部分を密着させることで、「もっとしっかり繋がりたい!」「もうこのまま離れたくない!」「あなたのことが大好き!」という感情の高まりを表す体位だから。
一見、「もっと深くまで来て!」と深い挿入を促すように見えますが、奥が痛む方には、「痛いから、ストップ!」という意思表示に使えます。
たすきがけでピストン運動を止めて、「動かさないで、ちょっとこのままでいて……」と伝えれば、痛みがおさまるまで小休止できます。
「この角度が好き!」「スピードが速すぎる」「なじむまでじっとしていて」を表現したい時にもこの「大好きホールド」が役立ちます。

添い寝バック

添い寝バック
OliviA

浅く、じんわり繋がれる

2人とも、体の片側をベッドにつけて、横向きで添い寝するように繋がります。
密着度が高く、挿入が浅い体位です。深く挿入されると子宮頚部に鈍痛や違和感を抱く女性には、浅く入るので性交痛予防になります。ただし、男性のペニスが短めな場合は抜けやすいので要注意。ピストンしないで、じんわりと繋がるのもおすすめです。

敷き小股(うつ伏せバック)

うつ伏せバック
OliviA

お尻のお肉がストッパーになり、挿入が浅くなる

うつぶせになって、女性は両脚をまっすぐ伸ばします。パートナーは女性の背面にピッタリと密着するように覆いかぶさります。
下側になる女性のお尻の厚みによって、挿入が浅くなるので、ペニスが深く挿入すると奥に痛みを感じる女性や、浅めの挿入が好きな女性におすすめです。
逆に、小さめサイズの男性の場合、激しくピストンすると抜けやすくなってしまいます。NOピストンで密着感を楽しむことに専念するだけでもOK。

顔を横に向けるとお互いの顔が見られる体位なので、安心感があります。
さらに、あなたの耳もとに彼の顔が近づくので、性的に興奮を得やすい人が多い場所である耳や首筋にキスをしたり、舐められたり、耳元で愛をささやかれるのにもベストなポジション。
手を繋ぐことも可能ですから、パートナーと繋がっているという実感も高まり、いつもより心地よいセックスができるかもしれませんね。

スローインサート騎乗位

スローインサート騎乗位
OliviA

相手は動かず、自分がゆっくり着地するイメージで

女性がパートナーの上になったら、ペニスの根元を支え、自分のペースでゆっくりと着地するように挿入します。
挿入前に亀頭でクリトリスを愛撫したり、膣口に腟から分泌された潤いを塗り伸ばして、少し待つ時間を楽しんでみてもいいですね。
男性主導の挿入と異なり、じんわりと膣とペニスをフィットさせていくので、痛みや不安感が軽減されるはず。パートナーの協力も必要なので、「前戯を長めにしてくれると痛みが和らぐの」「ゆっくりして」と言葉でもコミュニケーションを取ることをおすすめします。

プロに聞く 試しやすい順番

通常は、多くのカップルが正常位。何から最初に試せばいいのでしょうか?

OliviA

いつもと違う体位を試すのは、どのカップルにもハードルが高いです。まずは、正常位で相手の腰に手を添えるだけのストッパー正常位、たすきがけ、添い寝バック、うつ伏せバック、騎乗位の順番だと試しやすいです。

最後に

体位で、浅い挿入が難しい方には、グッズの活用も

セックス中に、パートナーの理解を得て、体位の工夫にチャレンジ。頭では「浅く挿入しなきゃ」とわかってはいても、興奮が高まってくると、腰の動きが知らず知らずに激しくなってしまうことも……。そんな時にはグッズを活用することも、ひとつの方法です。グッズがあれば、意識することなく、いつもの体位でも浅い挿入が可能に。