【お悩みに答えます!Vol.5】「会陰」が切れる・裂ける

皆さんの投稿にお答えします
皆さんの投稿にお答えします

みなさんから投稿してもらったお悩みに答える大好評の人気シリーズ第5弾。

皆さんの痛みと症状が似ていれば、回答を参考にしてみてください。また、一度も婦人科で検査を受けてない方は、何よりもまず受診してみて下さい。

今回は寄せられた相談の中から、複数の方が相談してくださった「会陰」が切れる・裂けるというお悩みを取り上げます。ふあんふりーの医療総監修である早乙女先生にきいてみました。

今日のご相談1

彼との行為時に、会陰が裂けるようになりました(真ん中辺りだけ、肉割れのようにメリッと)。付き合って半年くらいは全く問題なかったのですが、突然こうなりました。会陰マッサージをしてみても効果なし。痔のように、もう半年以上繰り返しています。病院では保湿用の塗り薬の処方のみでした。どうしたら良いのでしょうか?
(30代・女性)

お答え

会陰が切れるのは、そこが弱い部分だから

早乙女

まずそもそも、会陰に限らず口唇の両端など、同じところが切れることは誰にでもあります。弱いところが伸びきらずにひびが入るからです。それと同じで、会陰が弱いから繰り返し切れてしまうのです。気を付けていてもそうなることはありえます。人間の身体は左右合わさっている部分が多く、会陰のように身体の中心線にあたるところは、胎児の時に臓器が形成される過程で左右から合わさってできた部分で、性交時に引き延ばされた時に接合部が一番離れやすいわけです。

弱い部分が切れやすいという説明は納得です。

ある患者さんの切れ癖を直した処置の話

早乙女

一度切れてしまうと、切れやすくなります。切れても治るけれど完全には治りきらないで、また切れてしまう、という繰り返しで悩む患者さんが来たことがありました。そこのところをちょっとだけ切り取って、きれいな傷にして縫い直したことが、一例だけあります。粘着テープが古くなると何度貼っても開いてしまいますよね。その粘着面を新しくするような処置です。

両側にちょっとだけ新しい傷を作って縫います。それで治る保証はありません。また誰にでもこういう方法を進めているのではなく、保湿ケアしてみた、右・左・前とマッサージしてみた、潤滑剤を使ってみた、という具合にあらゆる方法を試したうえでこのままにするのは良くないと思った段階で出した選択です。患者さんにはダメもとでよければと十分説明した後、納得されたので試みました。結果その方法がその患者さんには成功して完治しました。

誰にでも効果がある方法ではないものの、そういう処置の仕方もあるということが分かると、希望を感じます。

切れるのを克服するマッサージ法

早乙女

切れることはとても困ることです。そこで、弱い後ろに力がかからないように左右や前の方を伸ばすような感じで、自分の指なり細いもので挿入練習をして、ちょっとずつ全体を伸ばしていくという方法があります。

左右と上部のマッサージ例
早乙女

こういうセックスセラピーは普通の婦人科ではほぼやらないと思います。日本性科学会が認定するセックスセラピストの資格を持っている婦人科医のところへ行って欲しいと思いますが、切って治す治療は標準的というわけではありません。

「弱く切れやすい会陰を直接マッサージするのではなく、切れない強いところを伸びやすく緩める」という発想はなるほど!と思いますね。また普通の婦人科で治らなかったら、セックスセラピストの資格を持つ婦人科医のところに行ってみるという選択も覚えておきます。

今日のご相談2

現在彼氏とは遠距離恋愛中で、会えるのは月に1回程度。
だからこそちゃんと愛し合いたいのに毎回挿入時に入り口がヒリヒリ…終わった時に会陰の皮膚が裂けて血が出る事もよくあります。病院に行ったり、潤滑剤を使用しても改善せず将来が不安です。遠距離が終わり回数が増えれば改善するのでしょうか…? まだしばらく遠距離は続きそうなので、会陰に負担のかからない体位があれば教えていただきたいです。
(20代・女性)

お答え

セルフプレジャーで硬いところを伸ばす

早乙女

月1回だと会陰が伸びないため、ご質問のようなことはありえます。月に1回だとすぐに縮んでしまうため、次の時縮んだ状態から伸ばして、伸びきらないうちに挿入して、また縮んで、次の時にまたそこから伸ばして、というのを毎月繰り返している感じです。週に1回くらいセルフプレジャー(マスターベーション)で挿入の練習をしておいたほうがいいでしょう。セルフプレジャーは自分の指で伸ばすイメージ。ラブグッズを使っても問題ありません。

上記でも出ましたが、硬いところをマッサージして緩めるということがやっぱり大事なんですね!

痛くない体位は?

早乙女

正常位は会陰に負担がかかるので避けて、横向きの添い寝バックや四つん這いで後ろ向き、上体を落とすバックの体位などは会陰に当たりづらいですが、これはあくまでも一例です。性器の向きは男女ともに個々に異なります。これらの体位だけに限定せず、会陰にあたりづらい体位を二人で確認しながら探していくのがポイントです。または女性側が手で、ペニスが会陰に当たらないように向きを変えることも可能ですね。二人で切れやすいところに当たらない工夫をするといいでしょう。

体位を工夫する以外にも、痛くないようにどうすればいいかをふたりで考えることも大事という話、なるほどと思いました。こういう場面でもカップルコミュニケーションが大事ということが伝わってきます。

今回は「会陰が切れる」というお悩みについて、産婦人科医でセックスセラピストの早乙女医師に聞きました。最初はまず婦人科で診察を受けて、その後に回答を参考にしてみてください。

ヒトの身体は左右対称の「つなぎ目が弱い」傾向にある。会陰はまさにそのつなぎ目に該当するのですね。会陰というと会陰マッサージを耳にするので、切れてしまう会陰をマッサージしようという流れになりやすく、逆に切れない強いところを十分に伸ばすという発想は斬新でした。

お悩みの相談はこちらからどうぞ。