更年期・閉経以降

更年期・閉経以降
更年期・閉経以降
この記事のポイント
  • 女性ホルモン減少が原因で、更年期に性交痛を感じる人は少なくない。
  • 更年期は女性だけではなく、男性にもある。
  • ホルモン補充療法や腟材の活用など治療法はあるので、婦人科医に相談を。

閉経や卵巣機能の終わりが性交痛の原因になることも

「今までセックスが痛いなんてこと、なかったのに。最近は痛みを感じるんだけど……」
「40代になって、性器の潤いが少なくなった気がする」

年齢を重ねるにつれ、セックスにそんな変化を感じる人は少なくないでしょう。
早い人では、40代半ばから身体の変化に気がつく人もいるようです。

なぜ女性の身体はそんな風に変化していくのでしょうか。
その主な理由は、女性ホルモンのエストロゲンにあります。閉経が近づき卵巣機能の役目が終わりに向かうとエストロゲンの減少がはじまり、やがて閉経して月日が流れると卵巣から分泌されるエストロゲンはほとんどなくなります。

女性ホルモン「エストロゲン」の減少も性交痛の原因になる

エストロゲンは、女性の健康を支える大事なホルモン。
様々な役割がありますが、そのうちのひとつに肌や粘膜の潤い、弾力をサポートする働きがあります。
性器も粘膜ですから、更年期世代になりエストロゲンが減少傾向になると、若い頃は感じなかった性交痛が起きることに。性的に興奮していても、潤い不足となり、挿入時に痛みを感じてしまうことがあります。

潤い不足で性器の乾燥が進行すると、外陰部や腟が萎縮することも。
いつも通りに歩いたり、椅子に座ったりするだけでも、性器が下着にこすれて痛みやかゆみを覚え、不快に感じることがあります。
エストロゲンが減少すると、それまでふっくらとしていた腟壁(ちつへき)も薄くなってしまいます。このため、性交時や婦人科の内診での刺激でも、性器から出血することがあります。

こころにも影響する更年期

更年期は身体だけではなく、心にも変化が生じやすい時期。
人によってはうつ症状が現れることもあります。
「なぜか気分が落ち込んでしまう」「セックスどころじゃない」という思いから性的に興奮することができず、その結果性交痛を引き起こすこともあるようです。

婦人科系疾患にもかかりやすい更年期

また、更年期は婦人科系の疾患にもかかりやすい時期でもあります。
性交時の痛みや出血は、子宮体がん、萎縮性腟炎などが発生しているサインであることも考えられます。これまでとは違う身体の異変を感じたなら、自己判断せず、なるべく早く婦人科にかかるようにしてください。婦人科検診も定期的にきちんと受診することが大切です。

治療方法

  • 「性交痛がある」と医師に伝え、内診と婦人科検診をうける。
  • エストロゲン減少による、性器の乾燥の場合は、HRT(ホルモン補充療法)。
  • HRTができない場合、エストロゲンの腟剤や外用薬の処方。
  • 保険適用外で、腟に炭酸レーザー照射治療。

回避方法

  • 潤い不足であれば、潤滑剤(選び方はこちら)を活用する。
  • これまでセックスの方法を見直す機会です。固定概念を捨て、特にオーガズムの経験がない場合は、そこからやり直すことも考え、リラックスし楽しめるセックス方法をパートナーと一緒に考えてみて下さい。
  • 痛みが変わらない場合は、挿入にこだわらないセックス方法もありますし、ちょっとした体位の工夫で変わることも。

男性にもある更年期の症状

更年期の症状が現れるのは、女性だけではありません。
男性にも女性と同じく更年期にあたる時期があります。男性の場合、女性のようにある世代になったら性ホルモンが大きく減少する、ということはありません。ですが、男性ホルモンであるテストステロンはゆるやかに減少していきます。

4、50代の男性の中にはセックスの際に勃起障害(ED)が起きたり、中折れと呼ばれる勃起持続の困難、射精に時間がかかるなど性機能障害が起きやすくなります。射精に時間がかかってしまうため、長い間の摩擦で女性の体に負担がかかることも。お互いに身体をいたわりながら、挿入にこだわらない新しい方法でセックスを楽しむこともおすすめです。挿入にこだわらない方法は、こちらで解説しています。

挿入しなくてもいいセックス

性交痛にも夫婦関係にも、ふたりで楽しめるセックスが効く

セックスをすることは、夫婦間でも義務ではありません。「もうセックスを望まない」とふたりともが意見が一致しているのであれば、無理をして治療をすることはないでしょう。
セックスから卒業することも選択のひとつです。

また、今までのように生殖目的の挿入・射精にこだわるセックスである必要はありません。ラブグッズなどを活用して、多様性のあるセックス、今の自分たちに合わせたセックスをパートナーと作り出すのもいいかもしれません。

性の健康一言メモ
性の健康一言メモ

年齢に応じて訪れる心や身体の変化をポジティブに受け入れて、いま楽しめることを、無理せず楽しむ気持ちになれれば、更年期や閉経も怖くありません。ハグをしてパートナーと一緒に寝る、挿入は無しで楽しむ、セックス自体をしないなど、年齢を重ねてもできるパートナーとの愛し合い方は多様にあります。