潤滑剤の選び方

潤滑剤は「濡れないときに使う」、「年齢が上の人たちが使う」、どうやらそんな印象があるようですが、「若くても」、「濡れていても」、使っていい一種の(ある意味?)コミュニケーションツールです。

健やかな性生活をおくるには、痛みのトラウマを作らないこと。性交時に痛い思いをすると、セックスに消極的になったり、嫌いになることもありえます。潤滑剤は痛みを感じたら途中からでも使ってもいいことを知っておいてください。

性交時に分泌されるうるおいは、女性ホルモンのエストロゲンが関係しています。エストロゲンが不足していると性的に興奮しても濡れないことがあります。また産後やお薬の副作用でエストロゲンの分泌が抑制されてしまうことがあります。詳しくはふあんふりーの以下の記事で説明しています。

さて本題の潤滑剤を選ぶときに知っておきたい、種類やポイント、そして注意点などを、ふあんふりーの視点で挙げていきます。

  1. 意外に知られていないアダルトローションと潤滑剤の違い
  2. 潤滑剤の種類、使う理由に応じてチョイス
  3. 潤滑剤との相性を考える
  4. 使うときの注意点

1.意外に知られていないアダルトローションと潤滑剤の違い

男性がマスターベーションの時や、ボディ上でヌメリを楽しむ時に使うアダルトローション。これらを潤い不足のときに間違って使ってしまうと、さらに乾燥を招きやすい成分が含まれているものもあるため、かえって水分を吸収され、腟炎などのトラブルに繋がることがあります。
潤滑剤もアダルトローションもどちらも、性的なことに使う透明な液体なので、同じ棚やカテゴリで販売されていることが多いのですが、見た目は似ていても違う成分、違う目的の商品。注意が必要です。

アダルトローションは、ポリアクリル酸ナトリウムという成分がベースのものが主流で、ヌルヌル感をボディ上で楽しむ、マスターベーション用のグッズとして人気です。

特徴は、粘度が高く、糸を引いたり、ボトルを逆さにしても液体がポタポタと落ちてこないほど粘り気が強いこと。潤滑剤としては不向きのものがほとんどです。また潤滑剤と比較すると乾きやすく、水分が蒸発するとポロポロと消しゴムのカスのような感じになります。ボディ上で遊ぶにはとても楽しいツールですが、挿入の時は潤滑剤を使うように心がけてください。
成分の記載はだいたい含有量が多い順番に記載されています。潤い不足のために購入する時は成分を確認して、先頭の方にポリアクリル酸ナトリウムが書かれていないものを選びましょう。

2.潤滑剤の種類、使う理由に応じてチョイス

潤滑剤探しをする前に、ちょっとだけ時間を作って考えて欲しい、「なぜ使いたいのか」というあなたの理由。

例えば

  • 入り口が狭いから、スムーズに滑らせたい
  • 乾きを感じるので、潤い補充したい
  • 摩擦による負担を減らしたい
  • 最初だけ濡れづらい、を解消したい
  • 楽しむために使いたい
  • セルフプレジャー(マスターベーション)、ラブグッズ、月経カップや腟トレグッズに活用したい

潤滑剤はベースとなる成分別に分かれています。それぞれのベースには違った良さがあり、自分のニーズに合うベース選びから始めます。

ウォーターベース一般的なベース。潤滑力が高いもの、植物由来の成分、肌刺激が少ないもの、オーガニック、香りつきなどバリエーションが豊富。商品により潤滑度に差がある。途中で乾きやすい。潤い補充、濡れづらい
うるおい補充、楽しむため、グッズ、セルフプレジャー、腟トレ
シリコンベース水を含まないため持続性が高い。非常によく滑るためアナル性交や入り口をよく滑らせたいときに向いています。使用後は石鹸と温水で洗い流しが必要。シリコン製のグッズには使えない。入り口スムーズ
ハイブリッドウォーターベースにシリコンをブレンドした混合タイプ。ウォーターベースの使い心地にシリコンの滑りや持続性を持ち合わせている。シリコンベースのべとつきや質感が苦手でも使いやすい。入り口スムーズ、うるおい補充、更年期以降の深刻な乾燥、摩擦の負担を減らしたい

潤滑剤と相性を考えるとき、何通りかある

過去に潤滑剤を使ったけど、あまり違いを感じなかったという経験のある人。もしかすると組み合わせや相性がよくなかったのかもしれません。相性といっても、単純に自分と潤滑剤という組み合わせだけでなく、一緒に使うコンドームとの相性も考えられます。また潤いがたっぷりあっても、粘度が足りなくて摩擦を感じることもあるので、よく滑るものを選ぶ必要があります。それから質感の好みもありますよね。シリコンベースはよく滑ると説明しましたが、油っぽい滑りが苦手という人もいます。実際に選ぶときは、正直使ってみなくちゃわからないのですが、この潤滑剤イマイチ…というときは、この相性を考えて次を選ぶと「自分にピッタリ」が見つかるのかもしれません。

コンドームの種類や選び方はこちらを参考にしてください。

使うときの注意点

どのメーカーの潤滑剤でも安全に使うために、以下の注意点を守りましょう。

  • 使う前に手を石鹸洗浄
  • 一度手に出した潤滑剤は容器に戻さない
  • 腟など洗えない場所に使う場合は、つけすぎず適量に
  • 開封後3~6か月を目安に使いきる、それを過ぎたら新しいものに
  • 未開封でも消費期限(容器に記載がある場合)が過ぎていたら使わない

潤滑剤の選び方についてまとめました。潤滑剤は、濡れが足りなくて挿入が痛い時のサポートアイテムですが、性交時の痛みは「病気や炎症のサイン」の可能性もあります。痛いときには必ず婦人科を受診して、病気や炎症が隠れていないことを確認してほしいと思います(もちろん、何らかの異常がある場合には治療もしてほしいです)。

また、病気や炎症といった身体の不調がなくても、「セックスが怖い」「何となく嫌だ」「本当はしたくない」などの「心理的な原因」による痛みの場合もあります。こういう場合は、潤滑剤を使用しても痛みが出るものです。セックスは「私もOK、あなたもOK」という状況でしか良いものになりません。潤滑剤を使用しても痛い、摩擦がきつい、と感じたときや、気乗りしないときは無理をせずセックスをお休みする勇気も大切です。

アイディグライド

ID GLIDE
アイディグライド

Natural Medilube(ナチュラルメディルーブ)

Natural Medilube
ナチュラルメディルーブ